血液検査を受ければ、こんなに病気のことが分かるって知っていますか?

>

そもそも血液ってなに?

おそらく人が生きている中で、血のことを意識する機会として一番身近な例を挙げれば、怪我をして血を出したときでしょうか。

それ以外は日常生活の中で「あ、今、血液が流れている」と意識をしている方は、ほとんどいらっしゃらないことでしょう。一方で大抵の方は、血が足りなければ死んでしまうこともご存じのはずです。

つまり血液は非常に大切なものと認識されていながら、その正体があまり知られていないものだと言えるでしょう。

ところでこの血液ですが、実は色んな要素からできています。
細胞やその間を満たす液体の部分が合わさってできており、細胞は良く知られるもの3週で成り立っています。

ところでこれらの成分は、どのような働きをするのでしょうか。次にそれらについて詳しくご紹介します。

血液はどんな働きをしているの?

既述の通り、血液は、赤血球と白血球と血小板、あと血しょうからできています。まず赤血球ですが、赤血球はヘモグロビン(血色素)からできています。またこのヘモグロビンは、酸素を末梢組織に運搬している役割をしています。

次に白血球ですが、実は多くの要素が合わさっており、白血球はそれらの総称になります。これら白血球は、体の中に入ってきた異物などを除去する役割を持っており、体の防衛因子をつくってこれらを殺したりする働きをしています。

次に血小板ですが、赤血球中に含まれる有茎性分のひとつで、おもに止血の働きをしています。最後に血しょうは、さまざまな働きをしますが、中でもよく知られているのが、物質の輸送とガス交換です。


血液検査は怖いだけではなくとても意味があるってご存じですか?

この記事をシェアする