血液検査を受ければ、こんなに病気のことが分かるって知っていますか?

血液検査は怖いだけではなくとても意味があるってご存じですか?

「血液」という言葉は、それこそ老若男女を問わず、どなたでも聞いたこともその存在もご存じだと思います。 では実際、血液について自信をもって説明できるという方は、どれくらいいらっしゃるのでしょうか? おそらくさほどいらっしゃらないのではないと思います。そこでここでは、血液についてご説明します。

「一般血液検査」と「血液生化学検査」とはどんなもの?

皆さんは「一般血液検査」と「血液生化学検査」という言葉を聞いたことがありますか?おそらく多くの方が受けられていると思うのが、「一般血液検査」になります。 では「一般血液検査」とは、何をしているのでしょうか?また、「血液生化学検査」とはどんな内容なのでしょうか?ここではそれらについてご紹介します。

やはり血液検査は想像以上にすごかった!

血液の特殊検査は、その名称通り、特殊な検査になってくるので、一般の健康診断では行なわれていません。ではその内容はどのようなものになるのでしょうか? あとここまでで血液検査の凄さはご理解いただけたと思いますが、こちらでは今後更に進化していく血液検査についてご紹介します。

あなたは血液のことをどのくらいご存じですか?

皆さんは「血液検査」に対して、恐怖心はありませんか?血液検査といえば、大丈夫な方とそうではない方の差が激しい医療行為のひとつでしょう。

血液検査が苦手な方は、たとえ年を重ねても、苦手を克服することができず、血液検査の度に顔を背けてしまっているようです。ただ、血液検査は、健康診断はもちろん、人間ドックでも行われる医療行為になります。つまり、多くのおとなは、年に一度は受けなければならないことなのです。

しかしこの事実は裏返せば、「血液検査がそれほど重要な医療行為である」ということに他なりません。そしてこの血液検査の凄いところは何と言っても、さまざまな病気の可能性が分かることでしょう。

例えば、一般のニュースでもたまに取り上げられている「エイズ」に関する情報。このエイズに感染しているかどうかも、血液検査でその可能性が分かります。ここで念のために、エイズについてご紹介しましょう。

エイズを日本語に訳すと、「後天性免疫不全症候群」になります。ところで、エイズの怖いところは、風邪や下痢などのようにすぐに症状が現れず、10年ほどの潜伏期間があることです。

つまり、長い潜伏期間を経て、急激な体重減少や下痢や発熱などの症状が現れるわけですが、このエイズも、既述の通り、今では血液検査で発見することができます。では他には、血液検査でどのような病気が分かるのでしょうか?

ここではまず、「血液」について、簡単にご説明します。そのあと血液検査にはいくつかの種類があるので、それを種類別にご紹介します。そのあと、血液検査から分かる病気について、ご案内します。